TikTokがこんなに流行った理由

TikTokがこんなに流行った理由

TikTok学園ではTikTokで副業ができるようになりますが、そもそもどうしてこんなにもTikTokが流行ったのか気になりますよね。

そこでTikTokがこんなに流行った理由について考えてみたいと思います。

TikTokが流行った3つの理由

これ以外にも様々な理由が考えられると思いますが、主に3つの理由があると考えられています。

理由1:爆発的な拡散力の高さ

TwitterやInstagramなどのSNSの場合、そもそもフォロワー数が多くなければ拡散やバズなどは起こり辛いアルゴリズムになっています。

ということは軌道に乗るまでに多くの時間や労力が必要とされるということです。

しかし、TikTokはフォロワーが全くいない状態からでも、コンテンツさえ面白ければ、たくさんの人に動画が表示されるアルゴリズムとなっているんです。

どこの誰かも分からないような人が、初めての投稿でたくさんの再生数を稼ぐという事例もよくあるようで、非常にバイラルが起きやすいのが特徴です。

こういった従来のSNSとは異なる拡散の起こりやすい仕組みの珍しさは、色々な人に参加したくなる気持ちにさせますよね。

平均消化時間の長さ

TikTokの平均視聴時間は2021年5月には62分まで伸長したと、TikTokの公式媒体資料では発表されています。

これだけ長い時間視聴できるということは、もう生活の1部になっていると言っても過言ではないかもしれません。

最も視聴時間が長いと予想されるYouTubeでも、平均的にこれだけの時間を観ている人は少ないようです。

投稿の気軽さ

TikTokは15秒程度のショートムービーなので、YouTubeなどの動画メディアと比べて、気軽に作ることができます。

予め楽曲も用意されているため、誰でも簡単に動画を作成でき、新しく始めたばかりの人でもユーザー数を獲得しやすくなっています。

また「口パクで投稿できる」という点も参加ハードルの低くしており、動画にオリジナリティを求められることも少なくなっています。

さらに見る側には「ながら見」が少ないので、「いいね・シェア・コメント」などのエンゲージメントを得やすい仕組みになっています。

TikTok売れという言葉も生まれる

TikTok上で流れてきたショートムービーがきっかけとなり、ライトな商品が売れるTikTok売れという言葉も生まれています。

日本はTikTokにおけるビジネスの価値が今ようやく認識されはじめたばかりなので、まだまだ可能性を秘めているということが分かります。

TOPページを見る